リフォームローンの審査の内容と借りやすさの関係は?

知っておくとお得な情報として、リフォームローンの金利相場は市場金利に応じて変動します。

担保のあるなしでも金利は変化し現在は有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が相場です。

金利タイプには大きく分類すると2種類あり変動金利型と固定金利型があります。

変動金利型は市場金利に応じて半年ごとに金利が更新されるローンで固定金利型というものは市場金利の変動に関わらず、金利が一定のローンです。

更に固定金利型には完済まで継続する長期固定金利型と一定の期間内だけ固定金利になり満期を迎えるごとに長期型か変動型かを選択するという固定金利選択型があります。

リフォームローンでいくら借りられるかというのは、リフォーム工事をする上で最重要項目といえます。

ですが、住宅ローンと比較した場合借入限度額は住宅ローンのおよそ1/10程度しかないのです。

リフォームローンで融資してもらえる最大金額は500万円から1000万円程度です。

リフォームローンの金利というのは2%から5%と高く、返済期間は最長10年から15年と期間が短いため、借入金額が多くれなれば比例して返済額も大きくなってしまうのです。

返済に無理のない借入額を事前にシミュレーションすることが大切です。

リフォームローンを組むことによって受けることができる控除は所得税の控除が可能です。

控除の申告をするとその年の所得税から限度額はありますが工事費の10%が還付されます。

対象となるリフォーム内容と限度額については条件付きになっています。

三世代同居、省エネまたは耐震工事は25万円、バリアフリーにするための工事は20万円と決まっています。

共用する控除の要件には自分が所有して住まうことや所得が3000万円以下である必要があります。

リフォームローンの一体型とはどのようなものなのか?簡単にいうと住宅ローンとセットになったローンです。

中古住宅を購入してリフォームしたいと考えているなら一体型ローンが良いかと思います。

住宅ローンよりもリフォームローンのほうが金利が高いので一体型にすることでリフォーム分も低金利が借入することが可能です。

但し、注意点もあります。

それは、事前審査の内容においてリフォームの見積書が必要になる可能性があるほか、申込の際に工事の請負契約書が必要となる場合があります。

従って、中古の物件を探すことと並行してリフォーム業者を探し、見積もりなどを取っておく必要があるのです。

リフォームローンの口コミというのは、高評価な金融業者が良い業者とは限りません。

どうしても低金利なローンには人が集中するので審査基準は比較的厳しめという傾向にあります。

故に、残念ながら審査に落ちてしまいその腹いせとして悪い口コミを書き込むということは多くあるのです。

そういう訳で、口コミを信用し過ぎでローンを選ぶと自分に最適の商品を見落としてしまうかもしれません。

金融関係の口コミを参考にする場合は、口コミの件数に固執せず付けられた評価が、なぜその評価なのかという理由まで見る必要があるのです。

知っておくと得かもしれないリフォームローン審査の内容について説明します。

リフォームローン審査の内容は住宅ローンを利用しリフォームを行った際に対象となる減税制度のことです。

減税の対象となるリフォーム工事についてですが何でも減税の対象になるというわけではなくいくつか条件が設けられています。

耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などで100万円を超える場合に適用されます。

減税申請する申請者についても要件があり工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することや、年収3000万円以下で返済期間が10年以上など細かく条件が定められています。

減税制度を受けるには自己申告制になっているため入居した翌年に確定申告しなければ減税制度を受けられません。

リフォームローンに落ちた人はまずはその原因をきちんと分析する必要があります。

審査に通らなかった要因は借入希望金額が収入に対して高額すぎたのかもしれません。

勤続年数が短かったり非正規雇用だったりといった融資できないと判断されてしまうなんらかの問題があったのかもしれません。

マイカーローンの返済中やリボ払い、キャッシング額が大きいなどカードローンの利用状況も融資には重要な要因となります。

これらのローンをきちんと返済することがリフォームローンの審査に受かる近道と言えるでしょう。

低金利でリフォームローンを借りるには担保型のローンを選びましょう。

リフォームローンには大別して担保形と無担保型があるのですが金利相場はもちろんのこと、借入期間や借入可能額などにも違いがあります。

無担保型の場合、借入期間は最長で10年から15年となっており、借入れ可能な上限金額は500万円から1000万円となっていますが、担保型は期間は最長35年で上限金額は1000万円から1億円になり長期的なローンを組むことが可能となります。

金利は長期の借入の方が低金利になるため無担保型が約2から5%という利率に対して担保型は約1から2%という低い金利となります。

加えて、貸付金利タイプでも差があり変動金利と固定金利とでは変動金利の方が低金利となります。

リフォームローンのシミュレーションは金融機関のHPで試算することができます。

検索サイトで「リフォーム」「シミュレーション」と入力すると該当するサイトがたくさんヒットするので希望の見たいサイトをクリックすればOKです。借り入れ金額によってリフォームローンの審査の内容なども変わって来ます。

引用:http://www.freedomisavoice.com/applied/examination.html

借入希望額や返済期間、ボーナス時の返済額などを入力すると月々の返済額などが一瞬で計算されます。

個人情報の登録をせず試算することができますのでここで借りなければいけないのかなといった心配をする必要はありません。

返済額の計算は複雑ですのでリフォームローンを考えている方は積極的に利用しましょう。

失敗しないリフォームローンの選び方というのは金利だけを見てはいけないということです。

借入期間や上限金額もとても重要ですし、担保や保証人の有無なども考慮しなければいけません。

団体信用生命保険(団信)に加入できるか否かや手数料などの諸費用や審査内容もも比較検討したほうが良いでしょう。

建材会社には自社の商品を使ってリフォームすることで金利0%かつ無担保ローンというのを提供してくれる会社もあるのです。

リフォームローンは種類が多いのでまずはリフォーム会社に相談してみてはいかがでしょう。

口コミ評価の高いオリコのリフォームローンをご紹介します。

オリコのリフォームローンはWebリフォームローン仮受付がかなり便利です。

来店する手間がなくパソコンから申し込み可能で審査も最短で2日という速さなので銀行へ出向く必要性がありませんね。

オリコのリフォームローンは固定金利なのですが、保証人や担保、保証料などを用意しなくて良いという最大のメリットがあります。

ローンの使途として改修工事やリフォームだけでなくソーラーシステムの設置工事にも利用することができます。

申し込む際の注意点として、Webで仮受付の申し込み時にオリコとの提携販売会社やリフォームしてもらう会社との契約が必要となり、販売店コードもしくはIDの入力が求められますのでご注意ください。

リフォームローンの金利は金融機関によって様々です。

低い金利になると1%台からありますが、高い金利は15%に近い金融機関もあります。

金利体系も2種類あり変動金利言われる金利と固定金利と言われる金利があります。

変動金利のメリットには金利が低いことが挙げられますが、景気の動向に応じて金利が変動するリスクがあります。

その点、固定金利は完済されるまで金利が変わらないという借りやすさは変わって来ますが、金利が高いというデメリットや相場が下がっても高い金利のまま返済を続けるリスクもあります。

最近話題のアプラスのリフォームローンはTポイントを貯めることができます。

申込できる人は20歳以上65歳未満の安定収入がある人で返済回数は最長で84回(7年)、融資可能額は10万円以上300万円以内という大変ライトなローンになっています。

金利についてですが、アプラスの金利は短期融資のため7.20%から14.40%とやや高めの設定になっています。

パソコンやスマホで申し込みが可能なことや保証人や担保が要りませんので小規模なリフォームには最適です。

返済シミュレーションも条件を細かく設定できるので、アプラスのリフォームローンに興味のある方は一度、HPをご覧になってみることをおすすめします。

リフォームローンの頭金は施工する業者によって様々です。

工事に取り掛かる前に頭金を用意して下さいと言う業者もいますし工事完了後に一括払いでOKという業者もいます。

料金についても業者によってかなり違ってきますので、複数のリフォーム業者から見積もりを取ることをおすすめします。

頭金の金額は工事費用の1割から2割くらいが一般的ですが、契約前にも関わらず先に用意しておきますねと、手際が良い風を見せかけて資材費を請求してくる業者もいます。

リフォーム業者選びを失敗しないためには事前に業者に確認して、その内容を契約書に記載させることです。

比較的手軽に利用できるリフォームローンの無担保型とは担保がいらないリフォームローンです。

土地や建物などの担保が不要ですので他のローンと比較して割と手軽に利用出来るローンとなっています。

一方で、金利が高いことや、借入期間が短い、限度額が少ないなど担保型に比較してデメリットを感じる部分も多くあります。

故に無担型ローンが適しているという場面は小規模なリフォームです。

持ち家があり、少額のリフォームなので余裕がある人のリフォームとみなされることが多く審査に通りやすいと言われています。